JCB法人・個人事業主カード

JCB法人カードの特徴とメリット


  


                    

 

 

法人の関係者の方は、クレジットカードはどこの会社のカードを使用しておられるでしょうか。クレジットカードはその発行されている会社によって千差万別です。今、使っているクレジットカードが法人の経営などにとって最適なものだと思っていても、それよりも世の中には数倍利用しやすくて役に立つクレジットカードがあるということを考えたことがあるでしょうか。
 
法人がクレジットカードを選ぶ上でいちばん重要視しなければならないのは、そのクレジットカードを発行している会社の信頼と、そのクレジットカードで使える多彩な機能の有無です。そのようなことを考慮した場合、最適とよべるクレジットカードがあります。それがJCBの法人向けカードです。
 
そこで、ここではJCB法人カードの特徴とメリットについていくつか紹介していきたいと思います。 JCB法人カードの特徴とメリットしては各種のサービスが使用できるということがあげられます。そのようなもののひとつに使用できる人間を追加で登録できるというものがあげられます。
 
またクレジットカードを利用した明細がインターネットでも確認することができるのも魅力です。またクレジットカードを導入することにより、現金を取り扱うことによるさまざまな費用を減少させることができるのもメリットのひとつです。法人の社員が国内各地などに出張などをするという場合にも、そのたび現金の受け渡しをせずに交通費などを支払うことができるのもメリットのひとつです。
 

法人ETCカードを選ぶポイント

"高速道路を使う際に、とても便利なETCカードは、どの会社でも同じだと思っておりませんか?何よりも、現金で支払わなければいけないといった手間が無くなり、料金所をスムーズに通る事が出来ますし、カードによる割引も適用されるのですが、カードの種類によっては、全然機能が違います。ですので、自分に合ったETCカードを選ぶようにしましょう。では、法人ETCカードを選ぶポイントとは何でしょうか。
 
とにかく、現金で支払うよりも、割引率をあげたいといった人は、首都・阪神高速ETCコーポレートカードや高速情報協同組合法人ETCカードを作成する事をおすすめ致します。これらのカードは、クレジット機能はありませんが、現金で支払うよりも30〜50%も割引をしてくれますので、大変おすすめです。特に、高速情報協同組合法人ETCカードは、新会社でも作る事が出来ますので、大変便利です。
 
また、クレジット機能をつけたいといった人には、ETC/JCB法人カードがおすすめです。ETC機能とクレジット機能がついて、且つ年会費無料、発行枚数制限なしで、ETC専用カードを作る事が出来ますので、大変便利なのです。このように、一言で法人ETCカードと申しましても、沢山の種類があります。ですので、選ぶポイントを見極めて作成するようにしましょう。"