ETCの利用について

2014年新しくなったETC制度

ETCとは高速道路などの有料道路で走行する場合に、従業員に対して支払をおこなっていた事を、自動で止める事もなく自動で支払を行うシステムの事ですが、止まる必要もなく、小銭などでお釣りの支払いなどで時間がかかっていたのが、自動で支払などが行われるのでスムーズに高速道路を走る事ができるので利用者数も増えてきています。
 
2014年にはETC制度も変わることになり、2013年まではETCを利用する事により様々な高速道路で割引などが行われていましたが、2014年になりそういった多くの割引が廃止されました。
 
都市部ではない地方と両方で、以前は夜の間は5割の料金が惹かれていた割引が3割の割引に変わる事になり、地方では土曜日や日曜日の2日間は5割の割引でしたが、3割の割引に変わる事になりました。
 
他にも、地方での祝日や土曜日や日曜日以外の日には、3割引きだったのが割引がなくなり廃止される事になり、田舎ではない都市部では土曜日や日曜日などの休日では3割ひかれていたのが、これも割引がなくなり廃止される事になりました。
 
ETC制度が変わる事により支払う料金が変わってきますが、ETCは自動で支払うので気がつかない事もあるのでしっかりとETC制度の事を知っておく必要があります。